2019年1月7日月曜日

49便、お疲れさまでした。

明けましておめでとうございます。
49便、無事に終わりました。
参加された方々、ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

写真も撮らず、報告不精者なのですが、今回はプロの記者とカメラマンさんが一緒に盛り上げていただいたので、すばらしくまとまった動画があります。
リンクに飛べる限り、ニュースURLを載させていただこうと思います。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20190106/6040003049.html
(リンク先は閲覧期間が過ぎたようです)


宮古の地域福祉施設でも大いに盛り上がったようでした。
釜石の今年で閉鎖される仮設住宅団地でも最後のもちつきができました。
震災当時ボランティアに料理を作っていただいた料理長が仮設店舗から移転できていて、新店舗で食事ができたのもうれしかったです。

次回は秋祭りかまた新年会か、はたまたラグビー観戦か。
ぜひまた一緒に岩手に行きましょう~

※なお、今回惜しくも参加できなかったみつきは料理の腕を上げ続けているようです。
リンク先のあんびしゃすにその様子がほんの少し見られます。
http://mimimituki.blogspot.com/
当人より拡散希望とのことです。

2018年12月29日土曜日

49便三宮の出発時間⇒経由しないことになりました(12月30日決定)

※以下の件、神戸以西の方々の合流は仲村さんがバスで各参加者最寄り地点などを経由していただけることになりました。
三宮駅は経由しませんので、ご注意ください。



早いもので、今年もあと少しとなりました。
49便、多方面からのご支援ご協力があり、順調に出発ができそうです。
今年は震災以来年越し便にはならなかったので、年末年始にしっかり準備を整えておこうと思います。

さて、すでにお申込みしていただいた方には確認をしていますが、4日晩の三宮19時出発については、参加者の移動やバスの都合上、変更もしくは三宮を通らない可能性があります。

20時茨木駅など、その他の経由地・時間に変更ありません。

三宮の集合の是非や時間については決まり次第ブログに書きます。

お見送りの方や直前申込、乗車場所の変更を考えている方はご注意ください。

それでは良いお年を!



2018年12月13日木曜日

49便、満員御礼。

49便、おかげさまで定員になりましたので募集を締め切らせていただきます。

5日のお昼前後は「宮古市に行くグループ」と「釜石の仮設団地に行くグループ」とに別れた後、夕方前に釜石鵜住居で合流する流れを考えています。

別行動を希望する方や新年会でもちつき以外の企画を持ち込みされる方はどしどしお声がけください!
よろしくお願いいたします。

2018年11月29日木曜日

49便は鵜住居と宮古へ(※訂正:5日がもちつき活動日です!)

49便、もちつき便にご一緒いただける方を募集いたします。昨年杵臼作戦でお世話になった釜石鵜住居町の復興住宅団地と、これまでもちつきに何度もご参加された細見さんと現地の方とのご縁から宮古市の地域福祉施設へもお邪魔することになりました。ぜひご参加ください。
もち米も能勢のご近所の方がたくさんご準備してくださり、これらのご縁に大変心強く、ありがたいことだと感じています。

ちなみに鵜住居の秋祭りは来年にぜひとも、とお声がけいただいています。ラグビーワールドカップの鵜住居試合も来年ですね。

まだまだご支援ご協力、よろしくお願いいたします。

以下案内↓

まごころ岩手49便、以下のバススケジュールに沿って動きます。集合時間場所など参加の状況によっては多少変更し、ご対応することもできます。
例年通り、1日2か所行きたいと思っていますので、これまで参加したことのある方も、初めての方も、まだまだ空いていますのでご乗車ください。
また、参加者はスケジュールの詳細にこだわることなく、ご自由に動いてください。
ご参加ご連絡、もちつき材料のご寄付も心よりお待ちしております!

1月4日(金)
JR三宮駅南ロータリー19時
JR茨木駅西ロータリー20時
新名神甲南PA付近21時頃出発


1月5日(土)
昼前岩手県宮古市着
地域福祉施設にてもちつき
昼過ぎに釜石市鵜住居に移動し、15時頃過ぎから復興住宅集会所にてもちつき
夕方以降集会所にて新年会
そのまま会場にて宿泊

1月6日
早朝5時頃釜石出発
夜20時頃阪神間着

持ち物
1泊分の用意、雨具、防寒具、各自必要なもの
参加費
無料!
(ご寄付・ステッカー購入(10000円)大歓迎!)
食事・風呂等は各自払いです(スケジュールと一緒でなくても構いません。)
福島便乗車も無料※集合場所時間等は相談して決めます。
宿泊
釜石市内の復興住宅集会所大広間にて雑魚寝です。簡単な寝具、空調はあります。
募集人数
15名(先着順) 福島便は4名、1世帯程度。

質問・申込
不良ボランティアを集める会 大阪府豊能郡能勢町森上173-1-205 
不良ボランティア ←ブログ検索を!
MAIL: anythinggoes311@gmail.com   TEL: 080-1445-0547(尾澤まで)
氏名、郵便番号、住所、生年月日、電話番号(できるだけ携帯電話)、性別、
障がい者等特別なケアや配慮が必要な方はその内容

活動支援金とステッカー購入もよろしくお願いします!
一枚10000円、歴史的価格!昨年より値下げ!
(化繊布アイロン貼り付け用)

ご寄付↓
郵便振込 
00980-5-209216
銀行振込 ゆうちょ銀行 
〇九九(ゼロキュウキュウ)店 当座 0209216 
名義   不良ボランティアを集める会

会名について、神戸市の復興支援団体「被災地NGO恊働センター」代表村井雅清氏の「不良ボランティアが社会を変える」という言葉から引用しています。私たちとしても、約23年前にKOBEに集まった130万人、その大部分の素人ボランティアへの感謝のつもりで使っています。

2018年8月17日金曜日

49便はお正月かな、、、

西日本豪雨の被災地、広範囲です。
たつの姫路仲村さんや、神戸NGO恊働センターがボラバスを出しているようで、ご縁のある方々の応援をしていきたいと思います。
これ以上の台風被害がないことを祈るばかりです。

さて、東北へのまごころ便ですが、このお盆はお休みして、秋頃の鵜住居のお祭りに!と意気込んで神戸大OBの方々などと調整していたのですが、今年は復興途上のことなどから、現地での大々的なイベントは中止となったみたいで、来年の参加となりそうです。やはり現地はまだまだ、いろいろあるのだと思います。またゆっくり関われたらと思います。

次はお正月、もちつきに行けたらと考えています。

2018年1月17日水曜日

47,48便無事終了&1・17KOBE23年

47,48便ともに無事に終了しました。
ご支援いただいた方々、ありがとうございました。
47便ではずっと通っていた仮設団地での活動が一区切りになったり、48便では新たに復興住宅でのご縁があったりと、いろいろな想いが交錯した年始となりました。

杵臼作戦では、十三の保育園の方々のご協力をはじめ、いつも杵臼をお借りしている藤井さんにもご協力いただき、鵜住居の復興住宅にお渡しすることができました。結果的にご寄付をいただくことになった参加者のみなさんや協力呼びかけをしてくださった方々にも感謝申し上げます。

KOBEは雨の23年目となりましたが、東北へのボランティアバス活動を続ける大学生や防災を学ぶ高校生のパワーに触れられて、あの日を知らない人でも「いま・ここで・これから」できることはあるのだなと、再認識できてうれしかったです。

また鵜住居の祭の頃にまごころ便を出したいなと思いますので、東北で何かできないかな?と思っている方はぜひご乗車ください。

今年もよろしくお願いいたします。

2017年12月20日水曜日

47、48便募集締切&杵臼作戦(追記)

追記:杵臼作戦決行
48便でお邪魔する復興住宅にて、今後住民の方が主体となってもちつきイベントをしていただいて、そのお手伝いにいけるような形ができたらなぁと考えていました。
そこで、毎年杵臼セットをお借りしていただいている十三の保育園の園長先生より、臼ご提供のご提案がありまして、これを機に杵も一緒にお渡しできないかと「杵臼作戦」
を決行しようと思います。
大したことではないのですが、大人用や子供用の杵をお持ちで譲っていただける方がいましたら、保育園の臼と一緒に復興住宅集会所にお渡しします。
そのあとはご縁のある限り、釜石に足を運べたらと思います。
もちろん、来年以降のことはどうなるかは確約できません。
でも、1995年の時に「鍋釜作戦」というのがあったらしく、すばらしい活動だなぁと頭の隅にずっと残っていたので、発災から7年を前にしてのやっとの作戦決行です。
杵をご寄付いただける方は、尾澤(080-1445-0547)までお知らせください。
ぜひともよろしくお願いいたします。


おかげ様で、47,48便ともに定員になりましたので募集を締め切らせていただきます。
なお、47便については仲村さんの送迎等のご協力もあり、三宮駅は経由せず、茨木駅出発のみとさせていただきます。三宮より参加予定者の方には随時ご連絡させていただいていますが、念のため申し添えます。

参加についてご検討を重ね続けていた方については、ご連絡いただければキャンセル待ち等、何かできることがあるかもしれませんので、ご一報いただければと思います。
もちつき資材費のご寄付については引き続きお待ちしております。

よろしくお願いいたします。